スイッチオフ

ブラのコンのミーのハー。

2020年2月のセーブポイント

3月は本当にどうなるんだろう。
私も持っていたチケットの3公演分の中止が決まりました(3/1現在)。
でも粛々とできることをやろう。というわけでいつも通り先月分の記録です。


■ライブ
1. 20200205_東京よしもと最下位会議
2. 20200209_俺たちを『優勝』に入れてくれ!!
3. 20200213_新ネタコントライブ「優勝」
4. 20200214_ 爆笑問題withタイタンシネマライブ#63
5. 20200216_「捨てる佐伯。痩せるサイトウ。」
6. 20200217_singularity8フィロソフィーのダンス/スカート
7. 20200218_やさしいズタイの「庭」
8. 20200221_やさしい集い~ただコントを愉しむ夜~
9. 20200221_どっきん!2部 【真空ジェシカ企画 モンキー・M・マンザイ】
10. 20200222_男性ブランココントライブ~山兎と蛙本~
11. 20200225_ バ吾Aねーしょん7~オリンピック、そして日本~
12. 20200228_コント塾


うるとらブギーズの主催ライブ、新ネタコントライブ「優勝」。KOCでメンバーの誰かが優勝するまでやるらしい。
空気感がすごくよくて、去年から行くようになったのですが。
その発展形、大自然の「俺たちを『優勝』に入れてくれ!!」もめちゃくちゃ楽しかった。
大自然が「優勝」メンバーに入りたいので、みんなで普通に新ネタをやっていく(=普段の優勝)のですが、結局大自然は「優勝」に入れてもらえず。
こういうライブって「いいよ!」ってなって終わるんじゃないの!?と思っていたので、裏切られました。
ななまがり初瀬さんがケガでおやすみのため、森下さんが多分R-1でやるネタを見られたのもラッキーでした。
初瀬さんは復帰されたようですが、お大事になさってほしい。
「優勝」も 「俺たちを『優勝』に入れてくれ!!」もまた4月に開催予定みたいです。


タイタンシネマライブのゲストは、つぶやきシロー、さすらいラビー、純烈、三四郎おぼん・こぼん
おぼん・こぼん、お互いに「死ね!」「見たくないのに目を合わせてしまった」などなど罵りあいながら、歌って漫談(漫才ではなく「2人漫談」!)してタップダンスして。
すっごいかっこよかったです。ベテランの師匠のかっこよさ。よいものを見ました。
初登場のさすらいラビーもすごく楽しくて、終わってからYouTube公式チャンネルに上がっていた「シェフ」の漫才を3日連続で見ました。

www.youtube.com


ついに行ってきた!フィロソフィーのダンスのライブ!今年の目標1つ達成した!
CDで曲はずっと聞いてましたが、歌って動くフィロのスがこんなにかわいいとは思わなかったです。
スカートも聞いてみたかったので、めちゃくちゃお得でした。
Club QUATTROって無限大の向かいにあるんだなー。
今回は行くのが遅くて壁だったので、今度はもっと前で見たいです。


男性ブランココントライブ~山兎と蛙本~(やまととかわもと)。
山兎と蛙本は、前回の単独に出てきたキャラで、私はこの2人の関係性が好きなんですよね。
こういう1つのキャラを掘り下げて、そのキャラの送る日常を近くに感じられるライブって珍しいので見られてよかったです。
オチというか設定がわかる最後もとてもすてきだったし。
山兎と蛙本のライブではないですが、男ブラは今年前半は無限大ドームⅡで毎月新ネタライブをやるそうで、とても楽しみです。

www.youtube.com


バ吾Aねーしょん7~オリンピック、そして日本~。史上最高のクソフェス。
ゲストコーナーから企画の合いの手選手権までずっとずっと楽しくて、とてもよい誕生日になりました。
最高のライブから新しい1年がはじまるってとっても嬉しい。
31歳の年も、よい1年にしていきたいです。

■映画
1. 20200214_コニカミノルタプラネタリアTOKYO 「東京の天の川を忘れない」

■展覧会
1. 20200216_大阪万博50周年記念展覧会
2. 20200216_幡野広志のことばと写真展


過去の人が作り出した未来のイメージ(トゥモローランドみたいな)が大好きなので、大阪万博の展覧会に行ってきました。
当時の衣装からパンフレットから資料がたくさん見られて楽しかった。
万博会場の模型があって、行ったつもりで地図と見比べるのがおもしろくて、ずっと見てしまいました。


幡野さんの展示はハッとする言葉が多くて。
教えてもらって行った展示で、自分では行かなかったと思うので、行ってよかったです。

f:id:electric_chief:20200301211941j:image

■本
1. 20200202_二村ヒトシ「なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか」
2. 20200203_二村ヒトシ「すべてはモテるためである」
3. 20200206_北村紗衣「お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門」
4. C 20200207_水沢悦子「ヤコとポコ」⑤
5. 20200210_森井ユカ「突撃!オトナの大学院」
6. 20200212_ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」
7. 20200220_千葉雅也「デッドライン」
8. C 20200223_六多いくみ「カワイイ私の作り方」①②
9. 20200223_pha「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」


北村紗衣「お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門」 。
年に映画を100本見て、演劇を100本見るシェイクスピア研究者による様々な作品のフェミニスト批評。
私はもっと学ばなきゃいけない。もっと知らなきゃいけない。と痛感しました。
自分の見識が狭いし、なんでもかんでも素直に受け取ってしまうことにショックを受けてしまった。凹んでばかりはいられないけれど。
嫌いなものは嫌いな理由が言えればそれでいいんですよね。


ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」 。
M-1、見返さなきゃな…初期から全部見たい。
大会としての成熟具合、キラキラ感は特別。
私はこのくらい突き詰めてお笑いを見るのは無理だと思う。芸人にはなれないし、ならなくてよかったと思うとこの本を読んで心から思いました。
それでもお笑いを見ることに惹きつけられてしまうのはまがいのない事実なのですが。
だからこそ、自分の道を探したい。なんとかして見つけたい。
それとは別に、キングオブコントももう少しなんとかならないかな…。


2月の読書もおもしろかったけれど、3月はもう少し実務的に自分の役に立つ本を読んでいくのが目標。


■おいしかったもの
1. 20200201_サワディーのカオマンガイ
2. 20200216_エリックサウスマサラダイナーのチキンビリヤニ
3. 20200217_弟が台湾で買ってきたパウンドケーキ(台中・BAKKI handmade)
4. 20200222_経堂スリマンガラムのノンベジミールス


弟が台湾旅行に行ってきたので、お土産をちょっとずつ消化しているのですが、
「宿の人に教えてもらった」という台中のパウンドケーキがとんでもないおいしさでした。
すごくキメが細かくて、だけどシュワシュワ口の中で溶ける食感ではなくてきちんと存在感がある。
これを買いに台中に行ってもいいくらいです。
台中は宮原眼科もあるし、スイーツがアツい街なのかもしれません。


■メモ
推しと弟(血の繋がっている推し)がすごく似ているのに気付いてしまった。自分に引いている。
まあ、推しの動画を見てたら、父に「弟を盗撮した動画見てるのかと思った!」って言われたことあるもんな。