スイッチオフ

多趣味。ブラコン。

2019年5月のセーブポイント

毎月恒例ライフログです。
底は抜けたと思いたい。
 
◾︎ライブ
1.20190503_やさしい時間
2. 20190506_空気階段単独ライブ「baby」
3. 20190509_ザ・ギースとラブレターズトークライブ「ル・渋谷」
4. 20190524_テアトロコント vol.36
5. 20190526_やさしいズ単独ライブ「#ヘリオトロープ
6. 20190529_「神田松之丞」独演会
 
 5月、見たライブがずっと濃いぃ!
 空気階段「Baby」は、1本1本のクオリティもすごいのに最後に全部回収していく気持ちよさ。10月に再演があります。単独の評判がよすぎて再演決まるって他に知らないので、時代を目撃したい人は再演行くといいんじゃないでしょうか。無理なく回収していくのもすごいけれど(これだって大概な「ネタバレ」だけど!)、空気階段のネタは出てくる人たちが単純な「キャラ」じゃなくて、背景や思考を感じられるのがすごいと思います。コントで切り取って描かれるのに至るまでの理由がわかるというか。
 テアトロコントの出演者は、ゾフィー、ワワフラミンゴ、明日のアー、GAG
今回テアトロコントに行ったのはゾフィーの単独で評判がよかったネタを確認したかったからなのですが、確かにあれはシリーズで見たい。個人的に大好きな弔辞のネタを見られたのもうれしい。故人の生前のお人柄が偲ばれて、とてもよいお葬式だと思います。ワワフラミンゴは以前ギャラリーの一角で見た時と今回劇場で見た時で、没入感がずい分異なっていたのがとても印象に残りました。「場所」というものは観劇にすごく影響を与えるんだなぁ。GAGは見てる間中、ずっとハッピーにしてくれるから大好きです。宮戸さんにはどんどんいい女を演じていただきたい。「♪これは本当のはなし\ドン/ ドン/ ♪やってると終わる \ドン/ ドン/」。明日のアーの冒頭の歌がずっと耳から離れません。
 やさしいズ単独、ライブ自体も見ごたえがありましたが、おまけでもらった特典映像が(見る人が見れば)ものすごい破壊力でした。10回くらい見ました。これからも元気がなくなったら見ると思います。本当にありがとうございます。ありがとうございます。代官山(今回の単独をやった劇場がある)という街がすごいんだと思います。
あと何度でも言うけど、ライブ後に今日やったコントタイトルのお品書き入りポストカードがいただけるの、お笑い単独ライブというもののホスピタリティの極みなので、コント師のみなさまにおかれましては積極的に採用していただきたいです。
 友人と母と私という組み合わせで神田松之丞独演会を見ました。この日の演目は「宮本武蔵伝 狼退治」、「怪談 小幡小平次」、「人情話 団蔵と淀五郎」。パンパンと勢いのある狼退治もおもしろかったけど、私のイチバンは「怪談 小幡小平次」でした。私、怖い話嫌いなんですよね。基本的にビクビクするのが好きではない。だけど講談というもので怪談を聴く(見る)と、心理や怨念についてつまびらかになるので、恐怖の理由がわかるのが性に合っているのかなぁ。松之丞さんを初めて見たときも怪談話だったんですけれど、今でも強く印象に残っています。
母が松之丞さんにハマって夜な夜な講談のCDを聴いているので連れて行ってよかったです。
 
 
◾︎映画
1.20190506_名探偵ピカチュウ
 
 もふもふのピカチュウかわいかった!フシギダネドダイトスもかわいかった!
スクリーンに映るすべてのディテールがすごかったので、ライムシティをもう少しゆっくり見て回りたいです。ポケモンの生態についても詳しく知りたい。エンディングかっこよかったですね。
 
◾︎ 展覧会 
1. 20190524_大哺乳類展2
 
 
◾︎本
1. 20190524_シソンヌのZIN「混沌」
2. 20190527_明日のアー「観光」台本
 
 2019年5月はあまり本を読まなかったなァ。
ライブで買ったっきりになっていたシソンヌのZINと明日のアーの台本を読みました。
 シソンヌZINは長谷川忍責任編集。ヤスケンさんとの対談やオシャ写真やう大さんのエッセイ。シソンヌっていろんな人に愛されているんだなあ。6月末の単独が今から楽しみです。
 明日のアーの台本は、去年の本公演のきたろうさんが出演した時のもの。お笑いのコントとは違うアプローチでとてもおもしろかったので、台本(&膨大な解説付き)で思い出しながら楽しみました。明日のアーは編集者の方がやっている劇団だからかコントで取り扱う題材が変わっていてが好きです。
 
 
◾︎おいしかったもの
1. 20190506_大江戸(回転寿司)▼一皿160円だとやっぱり違うな。特にエビマヨ!
2. 20190517_国分寺・多根果実店のケーキ(ザッハトルテかぼちゃプリン、りんごのタルトタタン、アイスアールグレイティー
3. 20190524_上野・伊勢ろくの親子丼
4. 20190530_山口の寒漬け http://www.kyuchan.co.jp/labs/tanbou/detail.php?nid=50&ts=1523511546
5. 20190530_リケンのノンオイル 青じそ塩レモン https://www.rikenvitamin.jp/household/products/dressing/nonoil/aojisolemon.html
 
 かぼちゃプリンは多根果実店でこれまでのベストが出ました。洋酒が強めに効いているのが好み。
 リケンの青じそレモンドレッシングは本当におすすめで、適当な生野菜がみんなおいしくなるので、見かけたら買ってみてください。

2019年4月のセーブポイント

毎月恒例ライフログです。
いろいろやっているように見えますが、なんとかギリギリで生きています。


◾︎ライブ
1. 20190420_又吉直樹主催 ~実験の夜~
2. 20190426_CCC月例公演 テアトロコント Vol.35
3. 20190427_第二回かが屋単独ライブ「瀬戸内海のカロカロ貝」
4. 20190429_THE GEESE(ザ・ギース)第15回単独ライブ「スプリングボンボン」
5. 20190429_こがけん第1.5回単独ライブ「こがけんのOH MY GOD」


テアトロコント、4月のこの日の出演者は、やさしいズ・吉住・テニスコート・切実。切実を見られてよかった。観客側は始まったときに事前情報は無いわけですけれど、話が進むにつれて情報が開示されてじわじわと「わかって」いくことの気持ちよさ。感情の機微。私が演劇やらコントやらを執拗に追うのはこの気持ちよさを知ってしまったからかもしれません。
後半3つの単独ライブはどれもよかったですけれど、かが屋の単独は特に見られてよかったですね。登場人物全員「大まじめ」(=振りかぶったボケがない)のが心地よかったです。「お笑い」として成立しているの、本当にすごいなぁ。感情の機微。
こがけんさんの単独ライブは本人もエンディングで「いや〜、歌いましたねぇ〜」と感想を漏らしていたように本当によく歌っていらっしゃいました。私は歌が好きなのかもしれない。歌う人が好きなのかもしれない。あと、こがけんさんが意外とギャグマシーンなのを知れてよかったです。


◾︎映画
2019年4月は映画を見ませんでした。


◾︎展覧会 
1. 20190426_ 太陽の芸術ー岡本太郎パブリックアート
2. 20190426_高橋臨太郎個展「スケールヒア」
3. 20190427_第96回 2019 春陽展


知り合いが出品したので春陽展を見に行きました。無知だったのですが、版画(絵画も)方面で権威のある展覧会らしい。ひとくちに版画と言えども技法も作風も千差万別でかなり見応えがありました。


◾︎本
1.  20190407_平野久美子「台湾好吃大全」
2.  20190407_森井ユカ「スーパーマーケットマニア 〜アジア編〜」
3.  20190421_ヴォルフガング・ヘルンドルフ著/木本栄訳「14歳、ぼくらの疾走 マイクとチック」


「スーパーマーケットマニア」は世界中のスーパーマーケットを周り、収集した商品が紹介されている本。大好きでしばしば再読しています。2005年の本だって。そろそろ最新版のスーパーマーケットマニアを読みたいけれど、グローバル化して国ごとの多様性が薄れていたらどうしよう?
「14歳、ぼくらの疾走」は舞台・チックの原作。私の観劇体験でもっともすばらしかったのが2017年のチックなのですが、この夏再演されるにあたり、原作を読んでみました。すごい!舞台版と同じ読み心地!


◾︎おいしかったもの
1. 20190406_かき餅(母がおばあちゃんの割った餅を揚げてくれた。唐揚げを揚げた油で揚げたのでちょっと唐揚げの風味がする)
2. 20190407_エリックサウスマサラダイナーのカレーランチ・4種盛り・バスマティライスとサフランライスハーフ(エリックサウスカレー、バターチキン、スペシャルカレー(鹿肉とトマト)、本日の菜食カレー(ブロッコリーとジャガイモ))
3. 20190412_関口フランスパンのバゲット
4. 20190415_小倉庵のたい焼き(ピーナッツバナナ)
5. 20190424_オートミールのクッキー(自作)
6. 20190425_小ざさの最中とさとうのメンチカツ
7. 20190427_六本木アラジンのバイキング(チキンカレー、バスマティライスなど)
8. 20190427_旧ヤム邸・シモキタ荘のカレー3種盛り(枝豆山椒ディップのせ春のキャベツ入り!グレフル系鶏キーマ、しらす明太カブおろしがけシマチョウ煮込みの味噌トマポークキーマ、ピリッとチリチーズと食べるミルキーグリーンな牛豚キーマ)
9. 20190428_オートミールとシナモンのクッキー(自作)
10. 20190429_サワディーのガパオライス


今月もいろいろ食べました。
オートミールのクッキーを作るのにちょっとハマってみたり。
カレー多め。
関口フランスパンのバゲットと小ざさの最中は本当においしかったです。

2019年3月のセーブポイント

先月のライフログです。
まだなんとか生存しています。


◾︎ライブ
1. 20190311_「銀幕の松之丞 2019」【夜の部】ライブ中継
2. 20190320_今日は渋谷でRG~RGさんのあるあるはEXIT的にションテンガルアーいとおかしじゃね?~


ライブビューイングで松之丞さんを見ました。ライブビューイングは表情の細かいところまでわかるのがいいですね。この日の演目は赤穂義士伝より「神崎の詫び証文」。個人的にはゲストの活弁士、 坂本頼光さんがおもしろかったです(演目は「血煙高田馬場」でした)。
RGさんとEXITのあるあるライブは無限大ホールが超満員でした。 りんたろー。さんから「ルールとモラルの中で騒げ!」という、EXITの体を表す名言も出たりして、大方の予想通りバイブスぶち上がり。ちなみにお客さんからのリクエスト「バイブスあるある」は広瀬香美パイセンのロマンスの神様に乗せて「上がれば楽しい」。はい、楽しかったです。ウェイウェイ。


◾︎映画
1. 20190317_翔んで埼玉


翔んで埼玉は埼玉の映画館に行って見ました。ので、千葉ネタの具合がどんなものなのかわからない。劇中に地名が出るだけでウケる劇場というのも今までもこれからもなさそうなので、わざわざ埼玉に行ってよかったです。
もっと映画見たいなぁ。


◾︎本
1. 20190305_星野博美「転がる香港に苔は生えない」
2. 20190312_マイケル・ブース「英国一家、日本を食べる
3. 20190321_坂田光「この高鳴りを僕は青春と呼ぶ」
4. 20190325_笹井宏之「えーえんとくちから」
5. 20190327_ヨッピー「明日クビになっても大丈夫!今を生きながら楽しく稼げ!」
6. 20190329_深町秀夫「孫文 ー近代化の岐路」


「転がる香港に苔は生えない」、香港の返還前後に著者が1年間滞在した記録です。22年前の香港の返還と令和の年号改正をダブらせて読み進めてみたり。
「この高鳴りを僕は青春と呼ぶ」は熱のこもった文体にヤられて一気読み。完全に「エモ」ですけれど、芸人ってどんな職業なのか、どんな人種なのか知っておくためにも、お笑いが好きな人は読んでおいた方がいいかもしれない。
最近は、中国の近現代史が知りたくて新書を読んでいるのですけれど、基礎がないので書いてあることがまったく分かりません。でも最後まで読み通してはいるからだれかほめて!


◾︎おいしかったもの
1. 20190309_東京豆浆生活・鹹豆漿、黒糖豆浆、花生餅
2. 20190309_フルーツパーラーたなかのフルーツパフェ
3. 20190311_ひつじやのCセット(カレー2種盛り)
4. 20190311_JEAN FRANCOISのバゲット、クロワッサン、イングリッシュマフィン
5. 20190316_香港時間のエッグタルト
6. 20190316_ピエロのクレープ(チョコシナモン)
7. 20190316_ブーランジェリーケンのフランス小麦のバゲット、クリームパン、あんぱん、桜のスコーン、桜のベーグル、かぼちゃクロワッサン
8. 20190320_ロイヤルホストの黒×黒ハンバーグ(ガーリッククリームソース)
9. 20190327_サワディー(パッタイ、ヤムウンセン、ガパオライス、パクチー生春巻き、ムール貝のタイ風お好み焼き:ホイトート、ココナッツアイス)ホイトートめっちゃおいしかった。


いろいろ食べてますね。

2019年2月のセーブポイント

◾︎ライブ
1. 20190201_やさしいズコントコレクションライブ 「#bouquet」
2. 20190202_アイアム劇団再旗揚げ公演「神様、あなたの願いを叶えてあげよう」
3. 20190208_爆笑問題withタイタンシネマライブ#57
4. 20190214_ラブレターズコントライブ 「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」 in渋谷コントセンター
5. 20190222_吉住第二回単独公演 いっそ、飛び立ってしまえ


単独に多く行った2月。やさしいズのベストネタライブはとても見やすく、一緒に行った友達とほくほくして帰りました。ラブレターズの単独は、ブログでも書きましたが(http://electric-chief.hatenablog.com/entry/2019/02/15/173948)、カメラが入っていたり、ネタのタイトルを提示してくれたり、「売れるぞ!」という心意気を感じてやっぱり応援したくなりました。お二人がお見送りしてくれましたけど、接触がダメなタイプのファンなので目も合わせずにコソコソとダッシュで帰路について申し訳ない限り。だけど本当に接触したくないんですってば。
やさしいズのベストネタライブもネタタイトルを書いたペーパーが終演後に配られてやったー!ってなったので、どうかコントをやる皆さまは、Twitterでもペーパーでもブログでもなんでも構わないので、単独やったらネタのタイトルを教えてください。

 


◾︎映画
1. 20190205_IMAX・字)メリー・ポピンズ リターンズ



見たいものが多すぎる…!3月に映画を見る余裕と時間は捻出できるのでしょうか?(もう半ばを過ぎたけど)あと映画ドラえもんも見たい。

 


◾︎本
1. 20190204_平野啓一郎「私とは何か 『個人』から『分人』へ
2. 20190205_村田沙耶香コンビニ人間
3. 20190208_北野唯我「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法」
4. 20190220_倉田徹・張 彧暋(チョウ イクマン)「香港 中国と向き合う自由都市


コンビニ人間の衝撃。身につまされてしまってすごい怖かった。私、コンビニ人間に片脚つっこんでいることになる。このまま生きていると。
どうにかしなければ。どうにかしたいと思いながら、何も変わらない気もします。あーあ、生きるのってどうしてこんなに大変なんでしょう!ずっとベリーハード。

 

 


◾︎おいしかったもの
・カレー:3回
バゲット:1本
サイゼリヤ(アーリオオーリオ・ペコリーノチーズ添え、青豆のサラダ)
・自分で作った台湾便當風(五香粉入り鶏チャーシュー・ブロッコリーと卵の中華マヨ和え)
・ヨーロピア


おいしかったものの記録もつけるようになったので、今月のおいしかったリストを。
高円寺・インド富士子のカレーはおいしいし、スパイスのおかげで食べたとたんから体が「整う」感じがして気持ちいいです。
サイゼリヤはそれだけ食べて700円くらいですけれど、チーズとオリーブオイルを追加して食べたらもはやごちそうですね。青豆の温サラダは大好き。
自作の弁当は、↓のレシピに五香粉をいっぱい足して作りました。調味料4つだし、 レンジ調理ですが、しっとりしていてかなりおいしかった。台湾にまた行きたくてたまらなくなっています。


「ヨーロピアン」ってフランスパン生地のあんパンのことみたいです。ムチムチしていて生地のかすかな塩味があんこを引き立ててとてもおいしかった。

20190214_ラブレターズのコントライブ「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」

ラブレターズコントライブ「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」をユーロライブで見ました。
今回から60分ライブのときはいつもタイマー兼映像を流す用として舞台上にあった溜口家のテレビがなくなって、タイマー表示はスクリーンとMacBookに。
私はあの50インチのテレビのファンだから少し残念ではあるのですけれど、その分カメラが複数台入っていたから、YouTubeチャンネルの更新が今から楽しみですね。
いちばん体力を使うであろうネタ(まんが喫茶マンボーのテーマを全力で歌い合う)が最後で、お2人の心意気に感服するばかりでした。
ラブレターズのライブはいつだっておもしろくってカッコいいや!
でも、今回の規定時間の60分を6分もオーバーしちゃったから、お2人の全力謝罪を浴びて帰路に着きました。


で。今日こうしてブログをしたためているのは、「すべてのコント師は、どうかネタタイトルを表明してください!」って思ったからです。
今回、溜口家のテレビがなくなった以外に今までのラブレターズのライブと異なる点がありました。それはネタのタイトルを出してくれたこと。
こんな感じ↓
拝啓、が〜まるちょば
私はお花屋さん
この声が届きますように
VOMOS NIPPON
Real Love
俺たちの唄

 

私は記録魔だから、些細な情報が本当にうれしい。
もっと言うと、このタイトルを見て、後からライブを思い出してニヤニヤするのがたまらなく楽しい。
タイトルさえあれば、見てなくてもどんなネタなのかなー?って想像を掻き立てられると思うし。


思えば満足度の高い単独って、東京03にしろ、やさしいズにしろ、ミヤシタガクさんにしろ、あとからタイトルわかって「やったぜ!」って得した気分になっていたのを思い出しました。
なので、香盤表の写真でもなんでもいいです。どうか終わったあとでも最中でもいいから、単独やったらコントタイトルを教えてください!

2019年1月のセーブポイント

友人からブログを書くようにとずっと言われていて、たしかに私も書きたいし、エントリーの回数を増やしたいと思っていたのですけれど、どうにも手をつけられず。
ただ、個人的に見たライブ・映画、読んだ本については割と詳細に記録をつけていたので、これを利用して手間なくブログを書くことにしました。
まあ、でも、めんどくさくなったら軽率にやめます。


私は「見たもの」でなんとか生かされているので、私が「見たもの」を褒めたいです。
記録は私の見たもの全部かもしれないし、全部じゃないかもしれないのを念頭に入れて見てください。


◾︎ライブ
20190104_山脇唯新年会2019
20190106_やさしいズno寄席
20190116_やさしい時間
20190123_ラバーガールLIVE 「お前ら愛してるぜ」東京公演
20190125_ハナコ・リクエストライブ「このハナコがすごい!」
20190126_テニスコートのコント「パリドライビングスクール」
20180127_空気階段リクエストライブ「この空気階段がすごい!」
20190127_ASH&D PRESENTS LIVE 『東京コントメンAWARD.1-3』
20190128_THE GEESEベストネタライブ 「Pretty Best」


 スラッシュパイル主催の「この◯◯がすごい!」シリーズは、とてもいいライブなのでコントが好きな人は行った方がいいです。◯◯(注目されているコント師)を好きな人5人が集まって、◯◯の好きなネタを発表し、そのネタを◯◯がして、その後感想とか好きなポイントを語るライブ。ハナコ空気階段もとんでもなくよいライブだったので、長文のレポートを自分用にガシガシ書きました。出演者を好きになって帰るライブはいいライブです。ハナコのことも空気階段のことも大好きになって帰りました。以前やっていた「このインポッシブルがすごい!」とか「このしずるがすごい!」とか見逃したのを後悔。
 テニスコートの公演、「パリドライビングスクール」もずっと低いところにギア入れられてる感覚でおもしろかった。神谷さんがキレてるのってどうしてあんなにおもしろいんでしょう!


◾︎本
20190105_こだま「夫のちんぽが入らない」
20190108_アンディ・ウィアー著/小野田和子訳「火星の人」(上・下)
20190113_借金玉「発達障害の僕が『食える人』に変わったすごい仕事術」
 20190119_若林正恭「ナナメの夕暮れ」
 20190122_若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」
20190125_水野俊平「台湾の若者を知りたい」


少し前まで本が本当に読めなかったのが、ひと月でこんなに読めるようになるまで回復しました。単純にうれしい。
サイン本を買っておいて放置していた「おとちん」を冬休みを使って読めたのもうれしい。私、エッセイ読めるんだぜ!少し前までだと本当に考えられないことなので、小躍りしてしまう。
 唐突な若林正恭ブーム到来。どちらも当たり前だけどおもしろかった。「人見知り学部卒業見込み」の2作目にあたる「ナナメの夕暮れ」は、前作から視点が変わって素直にこちらが受け入れられる印象。「表参道〜」の方は読んで旅行に行きたくなりました。いろいろ落ち着いたら私、また台湾に行くんだ!


1月は映画を見ませんでした。

【最新】精読のスピードを上げる ーGoogle翻訳を利用した抜き書きの手法ー

以前よりGoogle翻訳のアプリを使って、読んでいる本をガシガシテキスト化して読書ノートをつけていたのですけれど、Google翻訳のアプリが新しくなって、日本語→日本語の翻訳が選択できなくなっちゃったので、新しく書き直します。

文章のコピーがちょっとだけ面倒になったけど、文字認識の精度がかなり上がったのでよかったと思う。

 

◾︎準備するもの
・テキスト化したい本(今回のサンプルテキストは、平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』)

・アプリ〈google翻訳〉を入れたスマホ

◾︎あると便利
・オンラインのメモアプリ
・ネットにつながったパソコン

 

1.  翻訳する側(左側の言語)を「日本語」に設定する。翻訳結果の言語はなんでもいいです。

ここで翻訳結果の方も「日本語」に設定しようとすると、ビフォーアフターが入れ替わっちゃう。(この場合は、翻訳する側が「English」で、翻訳結果が「Japanese」に入れ替わるだけ)

f:id:electric_chief:20190204174211j:image

 

2. 「カメラ入力」をタップして、テキスト化したい部分の入ってるページを写真に撮る。

f:id:electric_chief:20190204174520j:image

f:id:electric_chief:20190204174536p:image

 

3. テキスト化したい範囲を選択します。

f:id:electric_chief:20190204174707p:image

一筆書きで!一度指を離してしまうと、また2からやり直しになっちゃうので注意してください。

ページ全部の場合は画面下部の◻︎の部分をタップすると写真中の認識した文字全てが選択される。

 

4. 青い矢印をタップして翻訳する。

f:id:electric_chief:20190204174913j:image

下に英語訳が出てきてるけど、気にしない。

 

5.  この画面になるので、白い部分をタップして

f:id:electric_chief:20190205173531j:image

 

6.  そうするとこの画面になるので、テキスト全体は見渡せないけど、あとはコピーするなり切り取るなりしたら、テキストをどこかに貼り付けられます。

f:id:electric_chief:20190205173723p:image
f:id:electric_chief:20190205173728p:image

 

7. 最初からまたやる場合は、右上の×をタップして、1. の画面に戻ります。

f:id:electric_chief:20190205173915j:image

 

そんな感じです。

前のバージョンのときは日本語→日本語翻訳ができて、文をコピーするのは簡単だったんだけど、縦書きの文章に弱くて、文章の前後が入れ替わったりしやすかったのが、新しいバージョンになったら長い文章をテキスト化しようとしてもあまりガチャガチャにならなくなったので(希にはする)、使いやすくなったかなぁと感じています。

 

わかんないことあったら、ツイッターにコメントくれたら教えますので。

この方法でいっぱい読書ノートつけながら本を読みましょう!