スイッチオフ

多趣味。ブラコン。

2019年2月のセーブポイント

◾︎ライブ
1. 20190201_やさしいズコントコレクションライブ 「#bouquet」
2. 20190202_アイアム劇団再旗揚げ公演「神様、あなたの願いを叶えてあげよう」
3. 20190208_爆笑問題withタイタンシネマライブ#57
4. 20190214_ラブレターズコントライブ 「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」 in渋谷コントセンター
5. 20190222_吉住第二回単独公演 いっそ、飛び立ってしまえ


単独に多く行った2月。やさしいズのベストネタライブはとても見やすく、一緒に行った友達とほくほくして帰りました。ラブレターズの単独は、ブログでも書きましたが(http://electric-chief.hatenablog.com/entry/2019/02/15/173948)、カメラが入っていたり、ネタのタイトルを提示してくれたり、「売れるぞ!」という心意気を感じてやっぱり応援したくなりました。お二人がお見送りしてくれましたけど、接触がダメなタイプのファンなので目も合わせずにコソコソとダッシュで帰路について申し訳ない限り。だけど本当に接触したくないんですってば。
やさしいズのベストネタライブもネタタイトルを書いたペーパーが終演後に配られてやったー!ってなったので、どうかコントをやる皆さまは、Twitterでもペーパーでもブログでもなんでも構わないので、単独やったらネタのタイトルを教えてください。

 


◾︎映画
1. 20190205_IMAX・字)メリー・ポピンズ リターンズ



見たいものが多すぎる…!3月に映画を見る余裕と時間は捻出できるのでしょうか?(もう半ばを過ぎたけど)あと映画ドラえもんも見たい。

 


◾︎本
1. 20190204_平野啓一郎「私とは何か 『個人』から『分人』へ
2. 20190205_村田沙耶香コンビニ人間
3. 20190208_北野唯我「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法」
4. 20190220_倉田徹・張 彧暋(チョウ イクマン)「香港 中国と向き合う自由都市


コンビニ人間の衝撃。身につまされてしまってすごい怖かった。私、コンビニ人間に片脚つっこんでいることになる。このまま生きていると。
どうにかしなければ。どうにかしたいと思いながら、何も変わらない気もします。あーあ、生きるのってどうしてこんなに大変なんでしょう!ずっとベリーハード。

 

 


◾︎おいしかったもの
・カレー:3回
バゲット:1本
サイゼリヤ(アーリオオーリオ・ペコリーノチーズ添え、青豆のサラダ)
・自分で作った台湾便當風(五香粉入り鶏チャーシュー・ブロッコリーと卵の中華マヨ和え)
・ヨーロピア


おいしかったものの記録もつけるようになったので、今月のおいしかったリストを。
高円寺・インド富士子のカレーはおいしいし、スパイスのおかげで食べたとたんから体が「整う」感じがして気持ちいいです。
サイゼリヤはそれだけ食べて700円くらいですけれど、チーズとオリーブオイルを追加して食べたらもはやごちそうですね。青豆の温サラダは大好き。
自作の弁当は、↓のレシピに五香粉をいっぱい足して作りました。調味料4つだし、 レンジ調理ですが、しっとりしていてかなりおいしかった。台湾にまた行きたくてたまらなくなっています。


「ヨーロピアン」ってフランスパン生地のあんパンのことみたいです。ムチムチしていて生地のかすかな塩味があんこを引き立ててとてもおいしかった。

20190214_ラブレターズのコントライブ「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」

ラブレターズコントライブ「秋が終われば私もいない。冬には忘れていてほしい」をユーロライブで見ました。
今回から60分ライブのときはいつもタイマー兼映像を流す用として舞台上にあった溜口家のテレビがなくなって、タイマー表示はスクリーンとMacBookに。
私はあの50インチのテレビのファンだから少し残念ではあるのですけれど、その分カメラが複数台入っていたから、YouTubeチャンネルの更新が今から楽しみですね。
いちばん体力を使うであろうネタ(まんが喫茶マンボーのテーマを全力で歌い合う)が最後で、お2人の心意気に感服するばかりでした。
ラブレターズのライブはいつだっておもしろくってカッコいいや!
でも、今回の規定時間の60分を6分もオーバーしちゃったから、お2人の全力謝罪を浴びて帰路に着きました。


で。今日こうしてブログをしたためているのは、「すべてのコント師は、どうかネタタイトルを表明してください!」って思ったからです。
今回、溜口家のテレビがなくなった以外に今までのラブレターズのライブと異なる点がありました。それはネタのタイトルを出してくれたこと。
こんな感じ↓
拝啓、が〜まるちょば
私はお花屋さん
この声が届きますように
VOMOS NIPPON
Real Love
俺たちの唄

 

私は記録魔だから、些細な情報が本当にうれしい。
もっと言うと、このタイトルを見て、後からライブを思い出してニヤニヤするのがたまらなく楽しい。
タイトルさえあれば、見てなくてもどんなネタなのかなー?って想像を掻き立てられると思うし。


思えば満足度の高い単独って、東京03にしろ、やさしいズにしろ、ミヤシタガクさんにしろ、あとからタイトルわかって「やったぜ!」って得した気分になっていたのを思い出しました。
なので、香盤表の写真でもなんでもいいです。どうか終わったあとでも最中でもいいから、単独やったらコントタイトルを教えてください!

2019年1月のセーブポイント

友人からブログを書くようにとずっと言われていて、たしかに私も書きたいし、エントリーの回数を増やしたいと思っていたのですけれど、どうにも手をつけられず。
ただ、個人的に見たライブ・映画、読んだ本については割と詳細に記録をつけていたので、これを利用して手間なくブログを書くことにしました。
まあ、でも、めんどくさくなったら軽率にやめます。


私は「見たもの」でなんとか生かされているので、私が「見たもの」を褒めたいです。
記録は私の見たもの全部かもしれないし、全部じゃないかもしれないのを念頭に入れて見てください。


◾︎ライブ
20190104_山脇唯新年会2019
20190106_やさしいズno寄席
20190116_やさしい時間
20190123_ラバーガールLIVE 「お前ら愛してるぜ」東京公演
20190125_ハナコ・リクエストライブ「このハナコがすごい!」
20190126_テニスコートのコント「パリドライビングスクール」
20180127_空気階段リクエストライブ「この空気階段がすごい!」
20190127_ASH&D PRESENTS LIVE 『東京コントメンAWARD.1-3』
20190128_THE GEESEベストネタライブ 「Pretty Best」


 スラッシュパイル主催の「この◯◯がすごい!」シリーズは、とてもいいライブなのでコントが好きな人は行った方がいいです。◯◯(注目されているコント師)を好きな人5人が集まって、◯◯の好きなネタを発表し、そのネタを◯◯がして、その後感想とか好きなポイントを語るライブ。ハナコ空気階段もとんでもなくよいライブだったので、長文のレポートを自分用にガシガシ書きました。出演者を好きになって帰るライブはいいライブです。ハナコのことも空気階段のことも大好きになって帰りました。以前やっていた「このインポッシブルがすごい!」とか「このしずるがすごい!」とか見逃したのを後悔。
 テニスコートの公演、「パリドライビングスクール」もずっと低いところにギア入れられてる感覚でおもしろかった。神谷さんがキレてるのってどうしてあんなにおもしろいんでしょう!


◾︎本
20190105_こだま「夫のちんぽが入らない」
20190108_アンディ・ウィアー著/小野田和子訳「火星の人」(上・下)
20190113_借金玉「発達障害の僕が『食える人』に変わったすごい仕事術」
 20190119_若林正恭「ナナメの夕暮れ」
 20190122_若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」
20190125_水野俊平「台湾の若者を知りたい」


少し前まで本が本当に読めなかったのが、ひと月でこんなに読めるようになるまで回復しました。単純にうれしい。
サイン本を買っておいて放置していた「おとちん」を冬休みを使って読めたのもうれしい。私、エッセイ読めるんだぜ!少し前までだと本当に考えられないことなので、小躍りしてしまう。
 唐突な若林正恭ブーム到来。どちらも当たり前だけどおもしろかった。「人見知り学部卒業見込み」の2作目にあたる「ナナメの夕暮れ」は、前作から視点が変わって素直にこちらが受け入れられる印象。「表参道〜」の方は読んで旅行に行きたくなりました。いろいろ落ち着いたら私、また台湾に行くんだ!


1月は映画を見ませんでした。

【最新】精読のスピードを上げる ーGoogle翻訳を利用した抜き書きの手法ー

以前よりGoogle翻訳のアプリを使って、読んでいる本をガシガシテキスト化して読書ノートをつけていたのですけれど、Google翻訳のアプリが新しくなって、日本語→日本語の翻訳が選択できなくなっちゃったので、新しく書き直します。

文章のコピーがちょっとだけ面倒になったけど、文字認識の精度がかなり上がったのでよかったと思う。

 

◾︎準備するもの
・テキスト化したい本(今回のサンプルテキストは、平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』)

・アプリ〈google翻訳〉を入れたスマホ

◾︎あると便利
・オンラインのメモアプリ
・ネットにつながったパソコン

 

1.  翻訳する側(左側の言語)を「日本語」に設定する。翻訳結果の言語はなんでもいいです。

ここで翻訳結果の方も「日本語」に設定しようとすると、ビフォーアフターが入れ替わっちゃう。(この場合は、翻訳する側が「English」で、翻訳結果が「Japanese」に入れ替わるだけ)

f:id:electric_chief:20190204174211j:image

 

2. 「カメラ入力」をタップして、テキスト化したい部分の入ってるページを写真に撮る。

f:id:electric_chief:20190204174520j:image

f:id:electric_chief:20190204174536p:image

 

3. テキスト化したい範囲を選択します。

f:id:electric_chief:20190204174707p:image

一筆書きで!一度指を離してしまうと、また2からやり直しになっちゃうので注意してください。

ページ全部の場合は画面下部の◻︎の部分をタップすると写真中の認識した文字全てが選択される。

 

4. 青い矢印をタップして翻訳する。

f:id:electric_chief:20190204174913j:image

下に英語訳が出てきてるけど、気にしない。

 

5.  この画面になるので、白い部分をタップして

f:id:electric_chief:20190205173531j:image

 

6.  そうするとこの画面になるので、テキスト全体は見渡せないけど、あとはコピーするなり切り取るなりしたら、テキストをどこかに貼り付けられます。

f:id:electric_chief:20190205173723p:image
f:id:electric_chief:20190205173728p:image

 

7. 最初からまたやる場合は、右上の×をタップして、1. の画面に戻ります。

f:id:electric_chief:20190205173915j:image

 

そんな感じです。

前のバージョンのときは日本語→日本語翻訳ができて、文をコピーするのは簡単だったんだけど、縦書きの文章に弱くて、文章の前後が入れ替わったりしやすかったのが、新しいバージョンになったら長い文章をテキスト化しようとしてもあまりガチャガチャにならなくなったので(希にはする)、使いやすくなったかなぁと感じています。

 

わかんないことあったら、ツイッターにコメントくれたら教えますので。

この方法でいっぱい読書ノートつけながら本を読みましょう!

 

20190115_新年のごあいさつと目標

 あけましておめでとうございます。遅くなっても新年一発目なのでおめでとうございます。
 
 今年のライブ初めは1月4日・ロフトプラスワンの「山脇唯新年会2019」になりました。「平成を振り返るゲーム」も多人数での「ザ・問答」も楽しくて、ゆるりと楽しませていただいたのですけれど、1部も2部も冒頭に各々本年の目標を発表する時間があって、そういや私も2019年の目標を定めないとなぁと思いましたので綴っておきます。
ブログに書くことにしたのは、他人に見せると強制力が生まれるからです。達成したい。達成して「自信」として自分に組み込みたい。
ボケはありません。ただの宣言。
 
■勉強
 語学の勉強をしたいです。
【中国語学習:レベルアップ中国語に進む】
【英語学習:1冊洋書を読み通す】
 台湾が大好きなので、今中国語をラジオ講座で勉強していて、もうすぐ初心者向けの「まいにち中国語」の1周めが終わるところ。
年内にノートをつくりながらもう1周して、中級者向けの「レベルアップ中国語」に進むのが目標です。
中国語は英語とロジックが全然異なるので、今まで英語しか勉強したことのなかった身としては言語ってこんなに習得しやすいんだ…!と驚いています。
とはいえ英語の勉強もきちんと続けたい。TOIECにはぜんぜん興味がなくて、こちらは話せるようになりたいのでダラダラとペーパーバックを読み切りたい。
洋書、一応買ってあるんですけど(ANDY WEIR「THE MARTIAN」(邦題:「火星の人」))、翻訳版を読んだら専門用語だらけで断念する気配が濃厚。
映画版のDVD(邦題:オデッセイ)も買ったから、これを英語音声ー英語字幕で見たいと思います。
オデッセイはとてもよい映画なので皆さんも見ましょう。
 
■ライブ(趣味)
 去年は思い出したように録画してあった「有田ジェネレーション」(水曜25:28~・TBS)をまとめて見て、一気に見すぎて具合が悪くなる、というパターンを4回ぐらいしたのですけれど、その「有ジェネ」のエンディングテーマになっていて知ったのが、「フィロソフィーのダンス」。
フィロのス、めっちゃよくないですか?繰り返しYoutubeでMVを見ています。
なので、
【フィロのスのライブに行く】
という目標を立ててみる。
ついていけるのかなぁ。音楽のライブはLady GAGAのホール公演とラブレターズの対バンライブ*1しか行ったことないというのに。
 
 今年もお笑いライブも演劇もたくさん見ると思いますが、体調と精神に合わせてマイペースで行きましょう。
 
【ブログを書く】
のも目標のひとつですね。
この1年くらいどうしようもなくめんどくさくて、日記を1週間分くらいまとめて書いていたのが、
冬休みに整理したら毎日書くペースが取り戻せたので、それを元本にしてブログは書けるはずなんだ。
だから、書きましょう。書けるときに書きましょう。
 
■美容・健康
【体重-5kg】
【髪・肌乾きやすいので、きちんと保湿する】
【出かけるときにチーク・リップ塗る】
 去年末に自己最高体重を更新しました。このままブクブクブクブク太ったら、恐ろしい予感がしたので、今は目下ダイエット中です。
5kg落としたら最適体重になるはずなので、お菓子を控え、朝はバターコーヒーを飲んで、きちんと筋トレとジョギングをして絞っていきたいです。
でも、運動を意識してするようになったらへばらなくなったので、体力はついているはず…!あと夕方に襲われていた恐ろしい空腹からもちょっと解放された気がする。
プロテインは体重増えちゃうのと肝臓へのダメージが怖すぎて今は控えているんですが、そういうのの適切な摂取量もわかるといいですね。
 あとの2つは最低限の身だしなみをする気力が湧かないので、がんばってやっていこうというだらしのない目標。
 
さあ、年末までにどれだけ達成できるかな?

*1:vs.フレンズ。楽しすぎてびっくりすることに終演後泣いた

精読のスピードを上げる −Google翻訳を利用した抜き書きの手法−

20190205追記:

以前にGoogle翻訳を使って写真に撮った文章をテキスト化する方法をブログにまとめたのですけれど、アプリがバージョンアップしてやり方がちょっと変わったので、ブログを書き直しました。

【最新】精読のスピードを上げる ーGoogle翻訳を利用した抜き書きの手法ー - https://t.co/Nzcu3KTVXN

 

こんにちは。
先日、友人と読書ノートの話題になり、私の抜き書き・引用の多い読書ノートのつけ方が随分特殊らしく、友人も感心してくれたのですが、せっかく会った時に全然説明できなかったので調子に乗ってブログにまとめます。

テキストの写った写真をLINEに送るとテキストに変換してくれる「文字起こしくん」が話題になったとき、使おうと思ったらサーバーがダウンしてなかなか使えず、っていうか1週間経っても全然使えず、そのときに試行錯誤してこのやり方を生み出しました。
今は文字起こしくんのバズも収まって、使えると思うんですが。
でも、写真1枚分ぜんぶテキスト化してくれる文字起こしくんよりも任意の範囲を指定してテキスト化できるし、サーバーダウンもないし、こっちの方が便利な気もして、私はこの方法でばかり抜き書きメモを作成しています。


◾︎準備するもの
・テキスト化したい本(今回のサンプルテキストは、いま読んでいる岡本太郎の「今日の芸術」)

・アプリ〈google翻訳〉を入れたスマホ

◾︎あると便利
・オンラインのメモアプリ
・ネットにつながったパソコン

 

1. google翻訳の設定を「日本語→日本語」の翻訳にする。

f:id:electric_chief:20181028222924j:image

多分、英語の本の抜き書きを作るんだったら、「English→English」にすればいけるはず。多少の英語だったら、日本語設定のままでも認識します。


2. 「カメラ入力」をタップして、テキスト化したい部分の入ってるページを写真に撮る。

f:id:electric_chief:20181028220750j:imagef:id:electric_chief:20181028220831p:image

 

3. 指でテキストをハイライト表示します。

f:id:electric_chief:20181028221108p:imagef:id:electric_chief:20181028221133p:image

テキスト化したい範囲を選択します。

一筆書きで!一度指を離してしまうと、また2からやり直しになっちゃうので注意してください。

ページ全部の場合は画面下部の◻︎の部分をタップすると写真中の認識した文字全てが選択される。

 

4. 青い矢印をタップして…はい、翻訳!

f:id:electric_chief:20181028223202j:imagef:id:electric_chief:20181028221151p:image

 

5. 1.の画面に戻ってテキスト化されてるので、青い部分をタップしてテキストをコピー。

f:id:electric_chief:20181028222459j:imagef:id:electric_chief:20181028222505p:image

 

6. メモアプリなどにペースト。

f:id:electric_chief:20181028222532p:image

広い範囲を選んだ場合、とくに縦書きの場合は文章がガチャガチャになってる率(ほぼ間違わずテキスト化されているが、文章の順番が入れ替わっていたりしてめちゃくちゃになる)が高いので、パソコンでメモアプリを開いて体裁を整えると楽です。スマホでもできるけど、けっこう面倒くさい。これも混乱してたので修正。↓

f:id:electric_chief:20181028223450p:image

 

7. 体裁整えて完成!

f:id:electric_chief:20181028223511p:image

 

要するにGoogle翻訳の設定を「同言語→同言語」の翻訳にすると単純にテキストになるってだけです。
簡単にテキスト化できるからといって、全部文字起こししたら何だかんだに引っかかると思います。私的利用だったら問題ないのかなぁ?
テキスト化することによるメリットは、検索がめちゃくちゃ容易になることですが、EvernoteはUPした写真中の文字も拾って検索してくれるから意味があるようであんまりない気もする。でも私はいまだに無料プラン使ってるから容量下げられるのは大きいかもしれない*1


読書ノートをつけるときは、いいなーとか覚えておきたいなーって部分を、短文だったら音声入力で音読して、長文だったらこの方法でEvernoteに抜き書きしています。便利!
だけど、電車の中とか静かな場所で本を読むのがちょっとむずかしくなりました。まあ読み進めといて落ち着いたらノートつくるんですけど。
目次をさくさく保存できるようになったのは本当に助かりますね。文明の利器に感謝。

*1:有料プラン使え

20180919_鍼灸治療を受けたので、積年の問題だった顎関節症の治療にセルフで取り組む

おととい、美容鍼をしてきました。


ずっと鍼灸治療に興味があって、やりたいなーと思っていたところに、Twitter鍼灸治療のBefore/Afterの写真が流れてきまして。
その施術をしたところがオープン記念で通常価格の半額の5,400円ということで、貧乏性の私は飛びついたわけです。
今月初めに台湾に行ったのですが、そのときも台湾行くならマストでしょ!とも言えるマッサージは吹っ飛ばし、美容鍼に備える待ちかねっぷり。
台湾にいるときは、ずっと食べていたのでマッサージに行く時間がなかったっていうのも事実ではありますが。


私は顎関節症がひどくて首がガッチガチなのですが、首の治療をするのに脚に鍼を刺すんですね。
顔にも鍼、脚にも鍼で、自分が意図してないのに、股関節の筋肉が自動で「戻っていく」感覚もあり、不思議な体験でした。
噛みしめがひどいので舌のフチの部分が歯に当たってギザギザになっているのですが、施術が終わってみるとその文様もとれており、ある程度は緩んだんじゃないかな?と思います。
ていうか!首が!明らかに!伸びてる!
顔の大きさは変わってないかもしれないけど!すごく顔が小さく見える!!!やったぜ!


しかし。
働くのが嫌すぎるということもありますが*1、翌日働いたら鍼治療を受けたのが嘘だったようにダルさがぶり返してしまいました。家帰ったら何もしたくないよー。本当に何もしないでいるのもしんどいよー。
多分、通って徹底的に治すのが吉なんだと思うのですが、一般事務員には定期的に払えるお金ではありません。場所も遠いし。


どうしたものか…?
今は鍼をやってもらったことで張りまくって、骨!?くらいの硬さになっていた首の後ろに指が入るようになっています。
そこで100均で買ってきたかっさで首と頭のリンパを流しまくることにしました。

あと、鍼を打ってもらった脚にお灸を自分で据えています。鍼を刺したあとが微かにわかるから、ツボ探すの余裕。


とりあえず1週間自分でやってみて、無理でよくなる気配がないようだったら、顎関節専門の鍼灸院にかかります。


というわけで、1週間毎日やるの目標!
◾︎頭皮のリンパをかっさでつぶす
◾︎首のリンパをかっさで流す(やりすぎない)
◾︎脚のツボにお灸
◾︎以前口腔外科で習った首ストレッチを毎日やる


結果はまた呟くかブログに書くかしよう。

*1:正確には仕事内容はそこまで大変じゃないし、働くこと自体は嫌ではないけれど、働いて疲れるのが嫌すぎる